その他の許認可申請支援

旅行業登録

旅行業登録の流れ

【登録申請について】

1)営業保証金

→旅行業協会(JATA/ANTA)に加入することで1/5の金額に抑えることが可能

2)基準資産額

=資産の総額-負債の総額-(不良債権+繰延資産+営業権)-営業保証金または弁済業務保証金分担金額
※5年ごとに更新の際にもチェックされる

3)旅行業務取扱管理者※を1名以上常駐させること

「国内旅行業務取扱管理者」または「総合旅行業務取扱管理者」。国家資格。

4)登録手数料 (2種、3種)20,600円

★行政書士による代理申請が可能
ただし、業務内容についての問い合わせ・面接等には直接対応していただく場合があります

 

【新規会社設立の場合 会社設立について】

1)資本金の決め方について

第三種登録(ANTAに加入しない場合)

必要項目 金額
基準資産額 3,000,000
営業保証金 3,000,000
合計 6,000,000

第三種登録(大阪でANTAに加入する場合)

必要項目 金額
基準資産額 3,000,000
弁済業務保証分担金 600,000
ANTA入会費 900,000
ANTA年会費 45,000
(株)オーサカ・ゼンリョ株券 25,000
合計 4,570,000

供託の場合      -   600万円以上
ANTA入会の場合 -    約500万円以上

2)定款

「旅行業に基づく旅行業」の表記

 

【新規会社設立の場合 旅行業登録申請スケジュール】

1)早期開業希望の場合 旅行業登録後、ANTAに加入

★一時的に出費が多いが、業務は会社設立後約2ヶ月でスタート可能

  行政書士による書類作成 約1ヶ月
  旅行業登録手続き 約1ヶ月
 →営業保証金 納付(例 300万円)
 →業務スタート!
*********************
 →ANTA入会手続き 約1ヶ月
  ※ANTA入会金(90万円)年会費(4.5万円)保証金分担金(60万円)
→公告 約6ヶ月

 →営業保証金返還

2) ANTAに加入後、旅行業登録

★出費は最低限に抑えられるが、業務スタートまでは会社設立後最短でも約3ヶ月必要

  行政書士による書類作成 約1ヶ月
  ANTA入会手続き 約1ヶ月
 →ANTA費用 納付(約100万円)
 →旅行業登録手続き 約1ヶ月
 →業務スタート!

 ※ANTA入会の承認理事会は2ヶ月に一度しか開かれないので、タイミングが悪ければ更に1ヶ月以上かかることも

TOP