外国人の永住・帰化申請支援

帰化許可申請

【帰化?それとも永住?】

日本に一定期間滞在し、仕事や生活が落ち着いてこられた外国人の皆さんが考えるのが「帰化」「永住」です。これらの許可を得ることで、在留資格ごとに定められている制限が無くなり、日本での活動が自由になります。

では、どちらの許可を申請するのが、適しているのでしょうか?

まず、「帰化」は「永住」よりも日本滞在期間についての要件(※)が緩いこともあり、「永住申請より簡単!」という情報がしばしば流れているようです。※原則:帰化5年以上、永住10年

しかし、実際、審査は「永住」より「帰化」申請の方がはるかに厳しいのです。

「帰化」というのは外国国籍の方が日本国籍を取得し、「日本人」になるということです。許可権限は法務大臣にあり、極めて重大な決定です。「帰化」が許可されると、選挙権を取得し、生まれながらの日本人と全く同じ法的権限を持つことになるのですから、審査は当然厳しくなります。

一方、「永住」は文字通り、基本的に無期限で日本に滞在し続ける権利を得ること。煩雑な在留資格更新が不要になり、活動にも制限が無くなりますが、国籍は外国籍のままです。

 

【メリット デメリット】

それでは、「帰化」と「永住」、皆さんがよく関心をもたれている分野について、それぞれのメリット、デメリットを比較してみましょう。

「帰化」のメリット

・生まれながらの日本人と全く同じ法的権利がある
・日本のパスポートを取得できる
・自由に出入国ができる
・帰化後に生まれた子供は日本国籍
・選挙権を取得できる

・ローン審査が有利
・取り消されることがない

「帰化」のデメリット

・審査期間が「永住」より長い
・審査準備が「永住」より大変
・許可後は基本的に元の国籍に戻ることができない
・母国(元の国籍国)での滞在、居住を制限されることがある
  例)帰国して、両親と長い時間一緒に過ごすことができない

 

「永住」のメリット

・審査期間が「帰化」より短い
・審査準備が「帰化」より簡単
・基本的に無期限で日本に滞在し続けることができる
・就労等活動範囲の制限なし
・ローン審査が有利

「永住」のデメリット

・外国パスポートのまま
・長期間(1年以上)出国する場合、「再入国許可」の申請が必要
・7年に一度、在留カードの更新が必要
・重大犯罪等を犯すと、資格取消がありうる

 

【帰化申請の要件】

上記のようなメリット、デメリットを検討した上で、帰化申請を希望する場合、最低限クリアしなければならない条件は以下の通りです。

1 日本に引き続き5年以上住んでいること
一年間のうち連続100日、累計150日以上日本を離れた場合、「引き続き住んでいる」とみなされないことがあります。

※「留学」資格で滞在している場合、あくまでも仮の滞在とみなされるので、5年以上滞在していても申請することができません。
※「留学」資格から「技術・人文知識・国際業務」資格等の就労資格に変更した場合、就労資格になってから満3年以降に申請することができます。
※「日本人の配偶者等」資格の方は、5年未満でも申請できることがあります

2 20歳以上で、かつ、本国法により「成人」となっていること
親と一緒に帰化申請をする子どもは20歳以下でも申請できることがあります。中国国籍の方の場合、未成年の子の申請には、両親の同意が必要です。

3 日本の法律に違反していないこと
いわゆる犯罪歴以外にも、車の運転、納税や保険の加入状況等についてもチェックされます。車の運転に関しては、申請までの5年間の経歴に問題が少ないことが特に大切です。年金については、最低限1年以上適切に加入していることが必要です。

4 安定して日本で暮らせるだけの収入があること
世帯全体での収入や支出の状況を確認されます。世帯とは、一緒に生活をしている人を指すので、家族以外に、同居者(彼氏、彼女など)についても含まれることがあります。
サラリーマンと比べて、会社経営者の場合は、提出書類も多く、チェック項目も多くなるので、申請までの労力がかかります。審査も時間がかかる傾向にあります。

TOP